iOS」タグアーカイブ

[Unity]:ドラッグ&ピンチイン・ピンチアウトの入力コントロール

先日リリースした「まちがい探し3D」では、少し特殊な入力インターフェースを利用しています。

Moku

Moku
まちがい探し3D
★★★★☆
28件の評価
App Store

  • ドラッグで視点の移動
  • ピンチイン・ピンチアウトで視点の縮小・拡大
  • タップでオブジェクトの選択

これらの入力をコントロールするためのスクリプトを公開します。

using UnityEngine;
using System.Collections;

public class CameraController : MonoBehaviour {
	const float ROTATION_SPEED =  5.0f;
	const float ZOOM_SPEED = 200.0f;
	
	private Vector3 original;
	private float angle_x = 0.0f;
	private float angle_y = 0.0f;
	
	private bool isDragging = false;
	private bool isDragged = false;
	private bool isPinched = false;
	private float interval = 0.0f;

	// Use this for initialization
	void Start () {
		Vector3 angles = transform.eulerAngles;
		angle_x = angles.y;
		angle_y = angles.x;
		original = transform.position;
	}
	
	void OnGUI() {
		if (Input.touchCount == 1 && !isPinched) {
			if (Event.current.type == EventType.MouseDrag) {
				isDragging = true;
				isDragged = true;
			} else {
				isDragging = false;
				if (Event.current.type == EventType.MouseUp) {
					if (!isDragged) Tap(Input.mousePosition);
					else isDragged = false;
				}
			}
		} else if (Input.touchCount == 0) {
			isPinched = false;
		}
	}
	
	void Update () {
		if (Input.touchCount == 2) {
			if (Input.touches[0].phase == TouchPhase.Began || Input.touches[1].phase == TouchPhase.Began) {
				interval = Vector2.Distance(Input.touches[0].position, Input.touches[1].position);
			}
			float tmpInterval = Vector2.Distance(Input.touches[0].position, Input.touches[1].position);
			original.z += (tmpInterval - interval) / ZOOM_SPEED;
			if (original.z > 0) original.z = 0;
			interval = tmpInterval;

			transform.position = transform.rotation * original;
			isPinched = true;
		} else if (isDragging) {
			angle_x += Input.GetAxis("Mouse X") * ROTATION_SPEED;
	        angle_y -= Input.GetAxis("Mouse Y") * ROTATION_SPEED;
	        
	        transform.rotation = Quaternion.Euler(angle_y, angle_x, 0);
	        transform.position = transform.rotation * original;
		}
	}
	
	private void Tap(Vector3 point) {
		// タップ時の処理を記述
	}
}

若干、難解なコードになってしまっていますが、元々ドラッグのみを実現するスクリプトにタップとピンチイン・ピンチアウトを無理くり付け足したため、このような状態になってしまいました。
OnGUI()を使わずにUpdate()でまとめて書き直した方がスッキリするでしょう。

画面にタッチされた時に触れた点が2カ所ならピンチイン・アウトの開始として、その2点間の距離をintervalに保持しておくと同時にisPinchedフラグを立てておきます。
このisPinchedフラグは、指が離れる時に指1本だけが残り不正なドラッグ・タップが起こらないよう判定するためのもので、タッチが検出されなくなると寝かせるようにしています。
ピンチイン・アウト中は前回のintervalと比較計算しズームイン・アウトの処理を行います。

触れた点が1カ所の場合、Event.current.type == EventType.MouseDragによりドラッグ中であると判定されたらisDraggingとisDraggedフラグを立てます。
isDraggingフラグが立っている場合には回転の処理を行います。
originalに初期位置、angle_x, angle_yに初期位置での向きを保持しており、ドラッグによりangle_*を変更し、その角度に基づき位置を計算します。
原点を中心に回転し、常に原点の方を向く事になります。

指が離れた場合にはisDraggedフラグが寝ていればタップの処理を行います。
つまりタップに関しては指が離れた時点での処理ということになりますが、ドラッグも実現するために選択の余地はありませんでした。

[iOS]:アプリから画像付きのツイートをする

iOSアプリから、ツイッター・Facebookなど各種SNSやメール・メッセージなどで、画像付きのシェアをする方法です。

SLComposeViewControllerを使う場合はTwitter・Facebookなどの限られたSNSにしかポストできず、SNSを指定する方法も自前で実装する必要があります。

一方、UIActivityViewControllerを使うと、利用出来るSNS・ツールなどの選択画面が自動的に用意されます。

UIActivityViewControllerを使用した場合

UIActivityViewControllerを使用した場合

いずれの方法もiOS6.0以降で、Social.frameworkが必要になります。

#import <Social/Social.h>

@interface SNSController : NSObject <UIActionSheetDelegate>

-(void) share:(UIViewController *)viewController : (NSString *)_txt : (NSString *)_hashTag : (NSString *)_url : (NSString *)_path;
@end

@implementation SNSController {
    UIViewController *viewController;
    NSString *txt, *hashTag;
    NSURL *url;
    UIImage *image;
}

-(void) share:(UIViewController *)_viewController : (NSString *)_txt : (NSString *)_hashTag : (NSString *)_url : (NSString *)_path {
    viewController = _viewController;
    txt = _txt;
    hashTag = _hashTag;
    url = [NSURL URLWithString:_url];
    if (_path) image = [UIImage imageWithContentsOfFile:_path];
    
    UIActionSheet *actionServiceType = [[UIActionSheet alloc] initWithTitle:@"Share result on ..." delegate:self cancelButtonTitle:@"Cancel" destructiveButtonTitle:nil otherButtonTitles:@"Twitter", @"Facebook", nil];
    [actionServiceType showInView:viewController.view];
}

#pragma mark - UIActionSheetDelegate
- (void)actionSheet:(UIActionSheet *)actionSheet didDismissWithButtonIndex:(NSInteger)buttonIndex {
    NSString *serviceType = nil;
    if (buttonIndex == 0) serviceType = SLServiceTypeTwitter;
    else if (buttonIndex == 1) serviceType = SLServiceTypeFacebook;
    
    if (serviceType) [self compose:serviceType];
}

- (void)compose:(NSString *)serviceType {
    NSString *str;
    if (serviceType == SLServiceTypeTwitter) str = [txt stringByAppendingFormat:@" %@", hashTag];
    else if (serviceType == SLServiceTypeFacebook) str = txt;
    else str = txt;

    SLComposeViewController *controller = [SLComposeViewController composeViewControllerForServiceType:serviceType];
    if (image) [controller addImage:image];
    [controller addURL:url];
    [controller setInitialText:str];
    [viewController presentViewController:controller animated:YES completion:nil];
}
@end
#import <Social/Social.h>

@interface SNSController : NSObject <UIActivityItemSource>

-(void) share:(UIViewController *)viewController : (NSString *)_txt : (NSString *)_hashTag : (NSString *)_url : (NSString *)_path;
@end

@implementation SNSController {
    NSString *txt, *hashTag;
}

-(void) share:(UIViewController *)viewController : (NSString *)_txt : (NSString *)_hashTag : (NSString *)_url : (NSString *)_path {
    txt = _txt;
    hashTag = _hashTag;
    NSURL *url = [NSURL URLWithString:_url];

    NSArray *array;
    float version = [[[UIDevice currentDevice] systemVersion] floatValue];
    if (version < 7.0) {
        array = [NSArray arrayWithObjects:self, url, nil];
    } else {
        txt = [txt stringByAppendingFormat:@" %@", url];
        array = [NSArray arrayWithObjects:self, nil];
    }

    if (_path) {
        UIImage *image = [UIImage imageWithContentsOfFile:_path];
        if (image) array = [NSArray arrayWithObjects:self, image, nil];
    }
    
    UIActivityViewController *avc = [[UIActivityViewController alloc] initWithActivityItems:array applicationActivities:nil];
    [viewController presentViewController:avc animated:YES completion:nil];
}

#pragma mark - UIActivityItemSource
-(id) activityViewController:(UIActivityViewController *)activityViewController itemForActivityType:(NSString *)activityType {
    if ([activityType isEqualToString:UIActivityTypePostToTwitter]) {
        return [NSString stringWithFormat:@"%@ %@", txt, hashTag];
    }
    return txt;
}

-(id) activityViewControllerPlaceholderItem:(UIActivityViewController *)activityViewController {
    return txt;
}
@end

iOS6.x台とiOS7.0以降で分岐させているのは、iOS7.0ではUIActivityViewControllerにNSURLを放り込むと、実行時にブラウザに飛んでしまうようになったためです。

Kick Far Away!!

タップ操作だけでボールを遠くに飛ばすゲームです。
プレイする度にキック力が強くなり、遠くにボールを飛ばせるようになります。

サッカーボールを遠くに蹴飛ばそう!
ゲームセンター対応で、世界中のライバル達と飛距離を競えるぞ!

遠くへ飛ばすコツ
1.真ん中を蹴る
端の方を蹴るとボールにしっかり力が伝わらないぞ!

2.早く蹴る
助走が終わってボールがズームアップになったらすぐに蹴ることができる。
助走の流れで蹴った方が飛距離が伸びるぞ!

3.繰り返しプレイ
プレイする度にキック力が増加して、遠くにボールを蹴れるようになるぞ!

Moku

Moku
Kick Far Away!!
☆☆☆☆☆
0件の評価
App Store

moku Apps

moku Apps
Kick Far Away!!

 
1 2 3 4 5